【もう我慢しない】「愚痴りたい」を上手く解消する方法とは!

うらみ
うらみ

はぁ…何もうまくいかないな…

ユニコ
ユニコ

どうしたの…?

うらみ
うらみ

上司に怒られたし、彼氏と喧嘩続きで…もう疲れた…

生きていれば愚痴を言いたくなる日もあるでしょう。恋愛や仕事、対人関係など多くの問題に向き合わなければなりません。

周囲に愚痴を聞いてくれる人はいますか?

そして、気兼ねなく愚痴を言える相手はいるでしょうか?

もしも周囲に愚痴を言う相手がおらず、辛い想いを1人で抱えているのであればもう我慢しないでください。

この記事では、愚痴を言いたくなるときの心理状態や気をつけるべきことをお伝えします。

1人で抱え込めない愚痴を解消する方法もお伝えしますので、参考になさってください。

愚痴りたい気持ちを抱えている人は、世の中に大勢います。

いったいどんな愚痴を抱えているのか、ご自身と似たような愚痴を溜め込んでいる人はいないか見ていきましょう。

対人関係

人間とはそれぞれ自分の考え方をもっています。

また育った環境も違うため、全てを理解し合うことは難しいです。

対人関係は付き合いが長く深くなるほど、不満や愚痴を言いたくなる瞬間も訪れるでしょう。

普段仲良くしている相手の愚痴ほど、周囲に言いにくいというケースもあります

相談する相手を見極めるのは難しいです。

上手く解消する方法を見つけなければストレスがたまってしまいます。

恋愛関係や夫婦問題

自分が信頼しているパートナーでも、愚痴は溜まります。

長く時間を共にしていても、言わなくても気持ちが伝わる可能性は低いです。

他人と一緒に過ごすためには、お互いに相談し譲り合う気持ちが必要です。

これからも一緒にいたいのであれば、話し合いの時間を設けることが必要でしょう。

しかしパートナーが向き合う時間をとってくれないから、愚痴が溜まって辛いという人が増えています。

職場の環境や仕事内容

仕事をしていれば上司や同僚など、連携しながら仕事をしていかなければならないときもあります。

1人でできる仕事なら気は楽です。誰とも関わらず仕事をするのは難しいでしょう。

フリーランスの仕事であっても、クライアントや仲介の人間とやり取りが必要です。

仕事に対するプライドがあるほど、職場の人間関係や仕事に対して愚痴が溜まりやすくなるでしょう。

仕事を気持ち良く続けるためには、良い解消法を見つけることが必須となります。

愚痴りたいときってどんな心理状態?

誰かに愚痴を言いたくなるのは、どんな気持ちのときでしょうか?

人によって許容できる我慢の限界は変わりますが、愚痴を言いたくなるときの心の状態は似ているのではないでしょうか。

2つのパターンを読んで、自分の状態に当てはまっていないか照らし合わせることをおすすめします。

1人では気持ちを抱えきれない

愚痴を言いたいときの心理状態としては、「誰かに自分の気持ちを共感してもらいたい!」という心理が強く作用します。

共感してもらうことで自分の心の負担を軽くしたくなるのです。

ストレスを愚痴で発散したい

スポーツや趣味でストレスを発散できれば良いのですが、愚痴を言わないとスッキリできない場合もあります。

1日に発する言語数は、

  • 男性が7,000語
  • 女性が20,000語(男性の約3倍)

という研究結果が米メリーランド大学で発表済みです。

女性は6,000語以下だと、脳にストレスが溜まるという発表もあります。

愚痴を言うことでストレスが発散されているのでしょう。

在宅ワーク・専業主婦の方は、特に言語数を増やす必要があります。

愚痴りたいのに愚痴れないのはなぜ?

愚痴を言うとスッキリするのに、なかなか愚痴を言えないときがあります。

何故、愚痴を簡単に言えないのか?それはいくつかの悩みがあるからです。

3つのパターンを見ていきましょう。

話が広まったら困るから

共通の知り合いがいる場合は、愚痴を言うと噂として広まる危険性もあります。

友人の愚痴や職場関係者など、同じコミュニティに属している場合は注意が必要です。

人を通じて内容が変わり、小さな愚痴は大きな問題へと発展する可能性があります。

「内緒にして」と伝えても人の口に戸は立てられないことを頭に入れておきましょう。

相手からのアドバイスで余計にストレスが溜まるから

共感してほしかっただけなのに話をさえぎられ、意味のないアドバイスをされた人もいるでしょう。

不満を吐き出したかったのに、ストレスが増えてしまっては意味がないです。

愚痴を言っている自分が嫌になるから

愚痴にはネガティブな言葉が詰まっています。

口から出してしまい、自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。

周囲に愚痴を言う人がいない場合は、愚痴を言ってしまう自分を悪人だと思ってしまう人もいます。

脳科学でいうと、愚痴を言うことでドーパミンが発生し楽しい気持ちを得られるのです。

しかし回数が増える毎に刺激が減ってしまいます。

その結果、更なる愚痴を引き起こす「悪循環」に陥るでしょう。

愚痴を言うときは何に気をつける?

愚痴を言うなら、気をつけなければいけないことがあります。

何も考えずに愚痴を言ってしまうと、愚痴を言う前よりもストレスが増えてしまうことになりかねません。

注意点を守って、気持ち良く愚痴を言えるようにしましょう。

愚痴の内容と言う相手を見極める

愚痴を言うときは、愚痴の内容と関係がない人に言いましょう。

同じコミュニティの人に愚痴ると、関係が悪くなる可能性もあります。

愚痴は以下の内容だと、反感を買ってしまう可能性があります。

  • 恋人がいない人への恋愛相談
  • 不妊治療中の人に子どもの相談

愚痴を言いたい自分の気持ちだけでなく、言われる相手の気持ちも大切にしましょう。

愚痴を言う方法を考える

愚痴を言う方法は、知り合い以外にもあります。

  • 専門家にカウンセリングをお願いする
  • SNSを利用して匿名の愚痴を言う

周囲に知られることなく言えるのであれば、ばらされる心配はないです。

愚痴の内容によって、第3者を利用すると良いでしょう。

愚痴が溜まったときは【電話占い】もおすすめ

直接顔を合わせることなく、客観的に話を聞いてくれるサービスの1つが電話占いです。

外出せず夜中であっても話をしたいとき、我慢をせずに愚痴を言えることが最大の魅力でしょう。

更に電話占いならただ愚痴を言うだけでなく、根本的な問題解決へと導いてくれます。

愚痴を抱えることは、何か問題が起こっているのだと考えられるでしょう。

解決すると愚痴を言う必要がなくなり、気持ち良い日々を過ごせます。

誰にも言えない想いに悩まされているなら【ピュアリ】

電話占いをしてみたいけれど、どこがおすすめなのかわからない。

そんな方におすすめしたいのが、大手電話占いサービス【ピュアリ】です。

ピュアリには厳しいオーディションを勝ち抜いた占い師「総勢200名以上」が在籍しています。

質の高い占いで、抱えている問題を解決へ導いてくれます。

今なら初回10分無料鑑定を受けられ、実力がある占い師に依頼できます。

顔が見えないからこそ、普段言いにくい相談ができるというメリットもあるので1度お試しください。

ピュアリが気になる方はこちらもチェック

愚痴りたい|まとめ

愚痴を言いたくなるのは、決して悪くありません。

自分の心を落ち着かせるには、愚痴で発散するしかないときもあるでしょう。

しかし、愚痴を言うことで更なる問題を抱えてしまっては本末転倒です。

安全に相談できる電話占いで、現在抱えてしまっている愚痴の原因を解消していきましょう。

1人で抱え込まず、気軽に電話占いを利用してみてください。