誰かに助けてほしい、と泣きそうなときに読むべき解決策

うらみ
うらみ

失恋をしてしまった…

うらみ
うらみ

仕事でミスもしちゃって最悪…

辛いことが重なって「誰か助けて」と、苦しんではいませんか?

一生懸命やっていたつもりでも、時には思いがけないところでつまづいてしまうものですよね。

誰でもいいから助けてほしいくらい四面楚歌状態で、どうすればここから抜け出せるかわからなくなってしまいます。

このままだと不安感は募る一方なので、ストレスが溜まって仕方がありません。

  • 『苦しくて辛くて誰かに助けを求めている人』
  • 『現状を回復させて一歩前進したい人』

に向けて話を進めていきます。

今起きている過酷な状況から抜け出すためにも、この記事を読んで実践してみてください。

★おすすめ電話占いサイト★
will

 

電話占いだから、時間も場所も気にならない!

今なら、合計6000円分の無料体験ができる!

▼  ウィルの公式サイトはこちら ▼
無料体験を試してみる ≫≫≫

苦しくて苦しくて辛いとき


学校や職場などコミュニティに属していると、生きているだけで「誰か助けて,,,」と辛くなってしまう時ってありますよね。

「生きているだけで丸儲け」なんて言葉を発する人がいますが、全員が同じように楽観的にとらえられるわけではありません。

辛さを感じやすい人は物事に対して真剣で、真面目な性格なのです。
ですが、時に真面目で一生懸命すぎで1人で抱え込んでしまうことがあります。

そんな時は恥ずかしがらずに誰かに相談したり頼るようにしてみましょう。

学校や職場でいじめられている

学校や職場などで、ハラスメントやいじめを受けているときはとても苦しいですよね。

こういった状況で決して良くないのが、「いじめられている自分も悪い」などと考えてしまう事です。

「親や先生に心配をかけたく無い」などの気持ちがあると余計に辛くなってしまいます。ですが、このような状況に1人で抱え込んでしまうと、より事態は悪化していきます。

思い切って「誰か助けて」と声を上げることが大切です。

恋愛において失恋してしまった

失恋してしまうことも非常に辛い経験ですね。一緒にいた期間が長ければ長いほど、心には大きな穴が空いてしまいます。

「誰か助けて」と思っても、身近な人に共有しにくいのが失恋の難しいところです。

人間関係が面倒臭くなってしまった

最近の世の中では「人間関係に疲れた…」なんて方が多いのでは無いでしょうか。

  • 仕事ではトラブルに巻き込まれたり
  • 自分が悪く無いのになぜか怒られていたり
  • 接客業では理不尽なクレームをもらったり…

など、社会に出るとさまざまなことが起こります。

一生懸命生きているだけでも、思わず「誰か助けて」と叫びたくなりますよね。

でもそれは、あなたが真面目に頑張っているから感じることです。あまり気を張らずに、良い意味でサボりながら生きていくことを目指しましょう。

誰かに裏切られてしまった

信じていた人や仲の良い人に、裏切られてしまうことはとっても辛いことですね。

「自分が相手のピンチに手を差し伸べたのにも関わらず、自分がピンチの時には知らん顔」なんてことも…。

「誰か助けて」と感じても、助けを求めること事態が怖くなってしまいます

お金の問題を抱えている場合

お金の悩みも難しいケースです。人に話しにくい内容ですし、「お金を貸して欲しい」などと知り合いに頼むのもリスクがあります。

まずは、現実逃避をするのではなく、客観的に自分の置かれている状況を整理しましょう。

  • 借金がある場合は、返済の見通しが立つのかどうか
  • 真面目に働いていても、一向に収入が増えない
  • 保証人などの都合で大きな借金を背負ってしまった

など様々なケースがあると思います。「誰か助けて」という前にまずは状況を整理することで解決への糸口を探ることができます

誰か助けてと思った時に行ってほしいこと


「誰か助けてほしい」と感じてもすぐに言えなかったり、助けてもらえない状況の時もありますよね。
「誰か助けて!」と思った時にあなたが行うべきことをわかりやすく解説していきます。

逃げ道を見つけよう

苦しくなってしまう人には、完璧のなオリティを求め、全力で向き合う癖があります。

問題が起きてしまったときにはイレギュラーに対応できなかったり、うまくできなかったりと、立ち直るまでに多くの時間を要することもあるでしょう。

「誰か助けて」…。そうならない為にも事前に逃げ道を作っておくのはどうでしょうか?

あらかじめ逃げ道を作っておくことで
「違う方法もあるのか」「ちょっと休もう!」
と肩の力が抜けて、柔軟に対応できるようになります。

弱音を吐くことは決して悪いことじゃ無い

なんとなく、「弱音を吐くことや誰かに相談することに抵抗がある」なんてことはありませんか?

幼い頃などに、周りの大人から弱音を吐くと怒られたり迷惑がられたりした経験がある方に多い傾向です。

弱音を吐くことは決して悪い事ではありません、頼れる人に思い切って相談してみてください。

自分のことを大切にしてあげよう

苦しいと思う気持ちは決して悪いことではありません。

ただ、人の目を気にしすぎるあまりにプレッシャーから辛さを感じてしまうことがあります。
期待に応えられないと自己嫌悪に陥ってしまうことも…。

そうならないようにあなた自身が自分の気持ちや存在を認め、大切にしてあげましょう

睡眠はきちんととれている?

睡眠時間の確保や睡眠の質を維持することはできていますか?

疲労を回復できる1番の方法は睡眠です。

極度の緊張状態は自律神経が活性化するため交感神経が高まっている状況です。一方で、睡眠をとることは交感神経を落ち着かせ、ストレス状態の心身をほぐす効果があります。

睡眠不足の場合になると、ストレスの増加を招き集中力が散漫になりやすいです。

疲労感も蓄積されやすくなり余計にイライラするため、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

自分のことを許してあげることも大切

「失敗してはいけない」
「Aさんもできるのだから、私もおなじように!」
と自分にプレッシャーを与え続けると自分で自分の首を絞めている状態になっていしまいます。

そんな状況を緩和するためにも、完璧ではない自分を認め許してあげることが大切です。

いっそのこと開き直ってみよう

うまくいかないからといって、
「やってしまった…」
「また失敗したらどうしよう」
と考えすぎるのはよくありません。

最悪の状態を考えたり、被害妄想状態に陥り良からぬことばかりをイメージすると、さらなる失敗を引き寄せてしまうのでポジティブにいきましょう。

起きてしまったことをなかったことにはできないので、どうしようもない時には開き直ることも重要なのです。

「開き直るなんてよくないのでは?」と思う人もいるでしょう。

ですが、次のステップに進むためには現状を受け入れて気持ちを切り替えることが不可欠です。
ときには「誰か助けてよ!もう!」なんて開き直ることも必要といえるでしょう。

あなたの心の底にある本心


窮地に追い込まれたときは、確かに辛いことでしょう。

ですが、理想と現実のギャップや予期せぬことが起きたためにあなたの心が混乱しているという可能性はありませんか?
本当に辛くて誰かに助けを求めたい状況なのかどうか、心の底で感じているあなたの本心を解説していきます。

耐えられないほど苦しい?

誰かに助けてほしいと思う心理状態は、大きく分けると2種類あります。

  • 『物理的にどうしようもなく窮地の状態』
  • 『自分でもできるけれど誰かに聞いてほしい甘えたいという状態』

です。

大失敗をし、「自分の力だけではどうしようもない時」や「精神的に追い込まれた時」には、素直に助けを求めましょう。

逆に本当は自分の力でも乗り越えられるけれど、現実を受け入れることができずプチパニック状態になっている場合もあります。

逃げられない状況かもしれない

といっても、逃げられない場合や素直に受け入れなくてはいけない場合もあります

助けてほしい気持ちは十二分にわかります。

しかし「別れた恋人にすでに新しいパートナーがいる場合」や「仕事で訂正がきかない失敗をした場合」は、ありのままの現実を受け入れなくてはいけません

逃げられない状況の場合、
現実を受け止めたり謝罪をするなどして対応することが望ましいでしょう。

身近な人にSOSを出して

「誰かに助けてほしいけど…きっと助けてもらえないよね…」

と勝手に思い込んでしまい、1人でもがき苦しむのは辛いですよね。

ピンチが起きたとき、身近に相談したり手を差しのべてくれる人がいるのはとても頼もしいことです。

苦しいと感じてから焦ってSOSを出す人を探すのではなく、トラブルが起きる前から相談できる存在を見つけておくことがポイントです。

辛い気持ちをとにかく伝える

辛くて苦しいと感じる状況まで達している場合、
自分1人の力で解決するのは非常に難しいです。

「何とか頑張ろう」と身を削るような思いで抱え込むのではなく、辛い気持ちをとにかく伝えるようにしましょう

伝えることで初めて相手に伝わることもありますし、「なんでみんな気付いてくれないの?」と1人でイライラすることが減るはずです。

現実逃避をする時間を作る

仕事や恋愛において、順風満帆にことが運ぶことは少ないですよね。

苦しいと感じたら1度頭から排除して現実逃避をしてみましょう。現実逃避をすることでリフレッシュでき、少し離れてみれば普段のように客観的にとらえることができるようになります。

現実逃避することは決していけないことではないので、ポジティブにとらえてみてください。

運動などをして体を動かしてみよう

毎日しなければならないことがあるとストレスが積み重なってしまいますよね。
最悪の場合、精神的な病になるため疲労困憊だなと感じた時点で“運動”を取り入れるのがおすすめです。

運動することで血流が良くなったりストレスを解消するホルモンが出るため、身も心もスッキリします。
体を動かすことで睡眠の質がぐっと高まるので、ストレス解消にさらなる効果も期待できます。

人生を変えるタイミングは今かもしれない


人は失敗を繰り返して、少しずつ成長していくもの。
赤ちゃんが1度も転ぶことなく歩けたらすごいですが、そんなことはありえませんよね。

それと同じで誰かに助けてほしいと感じる窮地があったら、それはあなたの人生を大きく変える転換期かもしれません。

失敗や窮地を乗り越えた先に待っている幸せな未来を想像しながら、向き合ってみましょう。

休むことも大切

トラブルが起きた際「何とか取り返そう」とガムシャラに行動することがありますが、かえって逆効果の場合もあります。

たとえば彼と喧嘩別れをしたとき、何とかして謝ろうと一心不乱に謝罪と復縁を迫っても良い方向には進まないはず。

そんな時は、その場から離れて休むことが大切です。
映画を見たりリラックスできるカフェに行ったりして、休息をとるようにしましょう。

落ち込んで落ち込んで、前を向こう

中途半端にくよくよしても気持ちが引き換えられず、苦しみを倍増させてしまいます。

好きな人に告白をして、
「今は集中したいことがある」と中途半端な返答だと、モヤモヤな感情がつのっていきます。

しかし「ごめんなさい。好きになれないし、付き合えない」とはっきりと振られたほうが、悲しみは大きくても踏ん切りがつきやすいですよね。

一時期はひどく落ち込みますが、落ち込んだ分なぜかスッキリして前を向こうと思えるものです。

悲しいことが起きれば、とことん落ち込むことも大切なのです。

逃げてしまっても新しい道はきっとある

無理難題に全力疾走をする必要はありません。

辛い場合や明らかに出来ないことを強いられているなら、逃げてしまうことも必要です。

別の道を見つけることで良い方向に向かうこともあります。

誰にも頼れないと思った時は電話相談をしよう


休息やストレス解消する方法をとっても、やはり誰かに相談したい気持ちが消えないこともあります。

「誰かに助けてほしいけれど相談する人がいない場合」や「適格なアドバイスをしてくれる人がいない場合」は、占い師に電話相談をしてみましょう。

「誰か助けて」の誰かになってくれる先生たちがたくさん待っています。

占い師の力を借りれば、悩みの本当の理由を知ることができますし解決策も見出すことができます。
また電話占いであれば未来予知もできるので、未来が予測できずソワソワすることもなくなります。

▼ おすすめの電話占い ▼
ウィル公式サイト ≫≫≫

まとめ:誰かに助けてほしいけどすぐに相談できないなら占い師の力を借りよう


今回の記事では誰かに助けを求めたいときに、あなたができる行動をご紹介させていただきました。

「取り返しのつかないことが起きた場合」や「ショックすぎて立ち直れないといった場合」、藁にもすがる思いで助けを求めることでしょう。

あなたの力だけで乗り越えることもできます。しかし、苦しい気持ちを誰かに吐き出せれば、あなたが抱えている辛さを軽減できます。

あなたの思いを1人では抱え込まず身近な人や占い師に聞いてもらいましょう。その上で、ポジティブな気持ちをもって、前を向けるように行動してみてくださいね。

▼ 新規登録で無料鑑定をお試し ▼
電話占いを試してみる ≫≫≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。