復縁して大丈夫?復縁するべきか迷ったときの判断基準を解説!

うらみ
うらみ

彼のこと大好きだったな…

うらみ
うらみ

ふとしたときに彼のこと思い出しちゃって辛い…

など、元彼をなかなか忘れられない人もいるでしょう。
また元彼から突然連絡があり、復縁しても良いのか悩ましいケースもあります。

そこで今回は、復縁を迷ったとき判断基準について徹底解説していきます。
復縁を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 復縁すべき場合の判断基準
  • 復縁しない方が良い場合の判断基準
  • 復縁すべきか迷った時にとるべき行動

復縁はすべきなの?

復縁と言っても、

  • あなたの状況
  • 彼との関係
  • 彼との別れ方

など、さまざまな情報を照らし合わせて考えなければなりません。

そのため「復縁すべき」「復縁すべきでない」とは、言えません。
ここでは「場合による」と言っておきます。

復縁すべき場合の判断基準

復縁すべきかどうか、判断を迫られる場合もあります。

そこでさっそく、その場合の判断基準についてについて見ていきましょう。
以下のケースに当てはまる場合は、復縁を考えても良いかもしれません

仕方なく別れた

なんらかの事情があり別れたのなら、復縁成功の確率は高いです。
そこで大切なのは、その人と「どのように別れたか」です。

仕方なく別れた場合は、お互いに未練がある可能性があります。
仕方なく別れるのには、自分たち以外に原因がある場合が多いです。

たとえば、

  • 遠距離恋愛になってしまった
  • 第3者の反対された

などが挙げられます。

お互いを嫌いになったわけではないので、復縁しやすいでしょう。
仕方なく別れた元彼と復縁したいなら、別れた原因を取り除いてからにしましょう。

別れる前の自分が好きだった

別れる前の自分を好きだと思えるなら、復縁しても幸せになれる可能性があります。

復縁すべきかどうか迷ったら、その人と「付き合っているときの自分」を思い返してください。
当時の自分が好きだと思えたら、復縁して得られるものは大きいはずです。

反対に、別れる前の自分が嫌なら復縁はやめておきましょう
嫌と思うのは、あなたが無理や我慢をして付き合っていた証拠です。

お互いに自立した関係性だった

過去に自立した関係性を築けていたのなら、復縁しても長続きするでしょう。
復縁しても泥沼恋愛になる可能性は低いです。

大切なのは、お互いに依存しあわない関係です。

過去に依存関係だったなら、要注意です。
相手のことしか考えられなくなり、すべきことが疎かになるでしょう。
また、ストレスや不満が溜まりやすくまた別れという場合もあります。
それではせっかく復縁したのに「負の連鎖」…。

彼との、当時の関係を振り返ってみてください。

復縁しない方が良い場合の判断基準

一方で、復縁しない方が良い場合の判断基準も存在します。

たとえ復縁したい気持ちが強くても、慎重に判断しなければなりません。
下記条件に当てはまる場合は、諦めた方が無難です。

復縁を後悔しないためにも、復縁前にじっくり検討しておきましょう。

裏切られた過去がある

過去にその人から裏切られた経験がある場合には、復縁しない方が良いです。
浮気や重大な嘘をつかれた経験などが挙げられます。

1度裏切られている場合は、また繰り返される可能性もあります。
もし復縁しても、過去の裏切りに苦しむ可能性は高いでしょう。

また裏切られるかも」と、疑いながら一緒にいるのは辛いのでおすすめしません。

解決しない喧嘩の回数が多かった

お互いに言いたいことが言えない状態が続いていたのなら、復縁はおすすめできません

付き合っている時、喧嘩はきちんと1回1回解決していましたか。

喧嘩自体は悪い事ではありません
しかし曖昧になった喧嘩が多いのであれば、復縁しない方が良いです。
また同じようなことを繰り返す可能性があります。

将来を見据えてしっかり関係を築きたいなら、喧嘩を解決できない人との復縁はやめておきましょう。

良い部分よりも欠点の方が多い

欠点ばかり思い出してしまうなら、復縁しても不満が溜まってしまう可能性があります。

過去とは美化しやすいものです。
元彼を思い浮かべたときに、欠点の方が多いのであれば復縁しない方が良いと考えられます。

自分の気持ちがよくわからない場合は、相手の良い部分悪い部分を書きだしてみましょう。
欠点の方がすらすらと思いつく場合は、復縁はおすすめできません

復縁すべきか迷ったら!

最後に復縁すべきか迷ったときにとる行動をご紹介します。
上記で紹介したような判断基準はありますが、あくまでも一般的な基準です。

基準があっても判断が難しいこともあります。

モヤモヤした気持ちは、下記の方法で吹き飛ばしましょう。
あなたの本当の気持ちが、より分かりやすくなるはずです。

明るい未来を想像してみる

明るい未来が想像できるなら、復縁してみる価値はあります。

2人で過ごす未来を想像したときに、具体的な想像ができるかが大事です。
大きな不安要素があるのなら、復縁は難しいでしょう。
同じことの繰り返しになる可能性があります。

一方で具体的に未来が想像できる場合は、実現できる可能性が高いでしょう。

自分の本心と向き合う

うらみ
うらみ

誰に何を言われても復縁したい!

と思っているのなら、その気持ちに従うこともできます。

あなたが元彼との復縁を考えているのはなぜですか?

  • 元彼のことが諦められない
  • 魅力的な人だった

という理由であれば心配ありません。しかし、

  • 他に出会いがなくて寂しい
  • 友達はみんな彼氏がいる
  • 結婚に焦っている

など自分の事情が関わっている場合は、復縁で幸せになれるとは考えづらいです。

自分の本心と向き合い、復縁したい理由を洗い出しましょう。

悩んでいることを正直に相談する

真剣に相談すれば、相手も誠実に対応してくれるかもしれません。
復縁後に相談しても、まともに考えてくれない可能性があります。

相談しても取り合ってくれないなら復縁はしないほうが良いです。

真剣に相談に乗ってくれるかで、相手の本気度が確認できます。

復縁すべきか迷ったら電話占いもおすすめ!

自分で判断ができないなら、電話占いでプロに相談するのも良いでしょう。

直接会わないため、手軽に相談ができます。
また匿名相談も可能なので、プライバシーが気になる人にもおすすめです。

近くに相談できる相手がいない方、プロの目から見て判断してもらいたい方もご活用ください。

当たる占いなら電話占い「ピュアリ」

ピュアリとは、全国でも有名な占い師が多数在籍しています。
復縁を始めとする恋愛相談24時間365日いつでもできるサービスです。

外出は必要なく、スマホだけで相談できます。
また電話番号を知られる心配もなく、安心して利用できます。

ピュアリの魅力はこちら!

  • 24時間365日いつでも相談可能
  • 占いの先生が200人以上在籍
  • 初回利用の場合は、鑑定料が「10分」分無料

詳しく知りたい方は、こちらもチェック👇

復縁するべきか|まとめ

復縁すべきかどうかは、あなたが結論を出すしかありません
しかし復縁を決める前に「あなたの本心」や「元彼との関係性」を見つめなおす必要があります。
非常にデリケートな問題です。
自分で決断することが難しければ、周りの友達や電話占いピュアリを活用してください。